面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

住宅ローンの残る自宅に、離婚後も住めますか?

住宅ローンの残る自宅に、離婚後も住めますか?

離婚する時の条件として、夫が家を出て、私は子供たちと自宅に住み続けたいと考えています。

自宅の住宅ローンは、夫が借りており、離婚後も、夫が住宅ローンを返済すれば問題ないですよね?

という、離婚条件の相談です。

元銀行員で、国家資格である1級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP1級)のカウンセラーが、お答えします。
住宅ローンの残る自宅に、離婚後も住めるのか?

スポンサーリンク

離婚後も、住宅ローンの残る自宅に住むには、リスクが多いと言えます。


離婚条件として、住宅ローンの残る自宅に、住み続ける。

離婚条件として、家を出た夫が、住宅ローンの返済を続ける。

一見すると、離婚後も問題が無いように思えますが、後々、揉めることが多くあります。

離婚した夫にとって、自宅ではなくなるので、住宅ローンが問題(最悪の場合は、一括返済を求められる)となる可能性があります。

離婚した夫が、再婚などで、自宅を購入する時に、住宅ローンが二重となるので、借入できず、売却などを求められる可能性があります。

離婚した夫が、住宅ローンを返済できず、売却を求められる可能性があります。

離婚した夫へ自宅の賃料を払い、養育費と相殺とすると、夫側は不動産賃貸収入が発生し、税金負担が増える可能性があり、一方で、養育費は扶養控除できず不公平感が増し、揉めるケースがあります。

離婚後も、借入した本人以外が、住宅ローンの残る自宅に住むには、リスクが多いので。。。

どうしても、離婚後も自宅に住みたい場合、妻に住宅ローンを返済できる収入があるなら、離婚後は、金融機関に相談して、妻の住宅ローンにするのがベストあると思います。

※住宅ローンの名義を変更するという離婚条件を取り決めても、金融機関には、それに従う義務はありません。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top