面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

養育費の未払いで給料の差押えに必要なものは?

養育費の未払いで給料の差押えに必要なものは?

離婚後に、養育費を払ってもらえないケースが多いようです。

養育費の未払い問題では、強制執行ができ、相手の給料を差押えるのが、容易で有効な手段と言われています。

しかし、養育費が未払いだから、すぐに、相手の給料の差押えが可能というわけではありません。

養育費の未払いで、相手の給料を差押えるのに必要なものについて、離婚問題に詳しいカウンセラーが、解説します。
養育費の未払いで給料を差押えるには?

スポンサーリンク

養育費の未払いで、相手の給料を差押えるのに必要なものは?


養育費の未払い問題で、強制執行=相手の給料の差押えには、債務名義が必要
となります。

債務名義とは、

・裁判での判決

・執行受諾文言付公正証書

・調停調書

・和解調書

・仮執行宣言付支払督促

などがあります。

協議離婚で、養育費の支払いについて、公正証書にしていても、執行受諾文言が無ければ、すぐには、相手の給料の差押えはできませんので、ご注意ください。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top