面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

面会交流の条件は、どの程度が良いのでしょうか?

面会交流の条件は、どの程度が良いのでしょうか?

面会交流問題の悩み相談で、

・面会交流をするために、どのような条件にするのが良いのでしょうか?

・面会交流の条件は、どこまで取り決めれば良いのでしょうか?

というものがあります。

面会交流調停と審判を経験した、面会交流問題のカウンセラーが、お答えします。
面会交流の条件、取り決め方のアドバイス

スポンサーリンク

面会交流の条件は、最低限の取り決めをしておきましょう!


離婚する時には、面会交流の条件を決めておくようにしてください。

面会交流の条件を決めないで、都度、面会交流をするというのは、後々、トラブルになることがあります。

非監護親から、面会交流の実施申し出が多く、監護親が負担に感じて、無用な揉め事が生じるのが、代表的なものです。

一方で、面会交流の条件を細かく決めておくことも、お勧めできません。

成長過程で、子供の状況が変化することもあります。

子供の学校行事や体調などにより、面会交流を延期・キャンセルしなければならないケースも考えられます。

面会交流の条件を厳密にしてしまうと、柔軟性がなく、子供に会えなくなった非監護親の不満が増し、無用な揉め事が起こるケースがあるのです。

面会交流の条件で、最低限、決めておくこととは?


面会交流の条件で、最低限、決めておくこととは、

・面会交流の頻度や時間
・面会交流の方法(面会交流についての連絡方法や子供の引き渡しを含む)
・面会交流ができない場合の対処方法(延期なのか、キャンセルにするのか)

例えば、面会交流の時間でも、「3時間程度」などとして、柔軟性を持たせた方が良いかもしれません。

その他、やはり、面会交流をする親子の状況によって、最低限の面会交流条件も、違ってきます。

また、「面会交流の条件で、こういう条件は、大丈夫なのでしょうか?」も、ケースバイケースとなります。

詳しく、面会交流の条件について相談したい方は、お急ぎでも対応可能な電話相談をご利用ください。

⇒ 面会交流問題の電話相談、申込みは、こちらから

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top