面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

離婚調停の申立方法や必要書類、費用など基本的なことについて

離婚調停の申立方法や必要書類、費用など基本的なことについて

離婚の方法は、夫婦での話し合い、協議離婚ができれば良いのですが。。。

協議離婚という話し合いが決裂したり、離婚をする際の条件や取り決めができなかった場合は、離婚調停という離婚の方法となります。

例外はありますが、いきなり離婚裁判をすることはできないのです。

これを調停前置主義と言います。

今回は、離婚調停の申立方法や必要書類、費用など基本的なことについて、離婚調停と裁判を経験し、豊富なアドバイス経験を有する、カウンセラーが、解説します。
離婚調停の申立方法や必要書類、費用など基本的なことについて

スポンサーリンク

離婚調停の申立方法や必要書類、費用など基本的なことについて


離婚調停とは、正式には、夫婦関係調整調停と言います。

・離婚調停の申立人は?

妻、あるいは、夫

・離婚調停の申立先は?

相手方の住所地の家庭裁判所又は当事者が合意で定める家庭裁判所

・離婚調停の申立に必要な費用は?

収入印紙1200円分、連絡用の郵便切手(申立てる家庭裁判所へ確認)

・離婚調停の申立てに必要な書類は?

申立書及びその写し1通(家庭裁判所でもらうか、裁判所のホームページから入手)、夫婦の戸籍謄本(全部事項証明書)

※年金分割割合についての申立てが含まれている場合は、年金分割のための情報通知書

離婚調停の審理のために必要な場合は、追加書類が求められたり、申立書付票など、申し立てる家庭裁判所が定める書式が、別途ある場合があります。

申し立てる家庭裁判所へ問い合わせれば、教えてもらえますし、家庭裁判所のホームページには、申立書の記載例もありますので、参考にしてください。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top