面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

審判離婚の手続きに移行するケースとは?

審判離婚の手続きに移行するケースとは?

離婚調停(夫婦関係調整調停)が不成立になった場合は、原則として、

⇒ 離婚調停(夫婦関係調整調停)が不成立の場合は、どうなるのですか?

で、解説したとおりとなります。

しかし、稀に、審判離婚の手続きに移行するケースがあります。

審判離婚の手続きに移行するケースについて、離婚問題の悩み相談カウンセラーが、解説します。
審判離婚の手続きに移行するケースとは?

スポンサーリンク

審判離婚の手続きに移行するケースとは?


・離婚調停(夫婦関係調整調停)において、離婚の合意がある

・財産分与や養育費、未成年者の監護方法などに、僅かな意見の相違がある

・離婚調停(夫婦関係調整調停)の当事者の一方が、遠隔地で離婚調停(夫婦関係調整調停)に出席できないが、家庭裁判所において離婚の意思を確認できている

上記については、離婚調停(夫婦関係調整調停)が不成立になって、審判離婚の手続きに移行するケースの一例です。

離婚調停(夫婦関係調整調停)が不成立になり、審判離婚の手続きに移行する場合は、家庭裁判所の職権で、行われます。

なお、審判離婚でも、審判日から2週間以内に異議申し立てがあると、効力を失います。

離婚調停(夫婦関係調整調停)の不成立により、審判離婚の手続きに移行するのが、稀であるというのは、

・審判離婚が、全体の1%にも満たない

との統計があるからです。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top