面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

離婚したら、実の親でも子供と関われない!?(トーランドさんの裁判)

米海軍大佐でハワイ在住のポール・トーランドさんが、日本人女性との間に生まれた娘(13)の引き渡しを求めて、娘の後見人となっている母方の祖母を訴えた裁判。

ポール・トーランドさんは、2006年に離婚が成立してから、子供に会えたのは、たった2回だそうです。

また、親権者となった母親は、2007年10月に自殺し、トーランドさんは娘を引き取ろうとしたが、娘と一緒に住んでいた祖母に拒まれたとのこと。

さらに、実の父親であるにも関わらず、2008年8月からは、祖母が娘の未成年後見人をつとめているが、後見申立をすることなどについて、トーランドさんは事前に全く知らされていなかったとのこと。

このように、日本では、離婚したら、実の父親でも「赤の他人」として、子供と関われないという風潮なのです。
離婚後の面会交流問題の相談

スポンサーリンク

トーランドさんの主張では、「私はこの世でたった一人の親なのに、娘が健康なのか、安全に暮らしているのかも、全く知らされていない。どこの学校に通学しているのかも知らないし、写真の一枚ももらえない。一緒に公園で散歩をしたこともないし、『ハッピーバースデー』と言う機会も奪われた」とのこと。

離婚したからと、実の親が、子供に関われないのは、おかしいと思います。

トーランドさんの裁判が、報道されたニュースへのコメントが、また、酷いものです。

離婚した実の親が、子供と一緒に暮らしたいということに対して、

・ロリコン趣味でもあるんじゃねーのか?
・生き別れた娘といえ、そこまで執着する気持ちと事情がわからない。
・引き取って性的虐待とかしようってんじゃない?
・自分中心な考えをしているな、それが離婚原因だったのでは?
・親としてなんか問題あったから会わせてもらえないんでしょ

トーランドさんの裁判では、子供の環境を変えるのは、難しいと思いますし、一緒には暮らしたくないという子供の意思が本当なら、敗訴になる可能性が高いと思います。

しかし、実の親が、離婚後に、子供に会いたい、子供と一緒に暮らしたい、と考えるのは、普通の感情です。

それを否定するようなコメントが溢れている日本は、離婚したら、実の親でも子供と関わるな!という間違った考えが蔓延っていますね。

⇒ 面会交流問題の電話相談(土日・夜間でも可能)、お申込み手順などは、こちら

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top