面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

子の連れ去り離婚裁判で父親を親権者とする判決(千葉家裁松戸支部)

別居時に、母親が連れ去った子どもの親権を、約5年間会えなかった父親とする離婚裁判の判決があったとの報道です。

夫婦が別居し、妻が子どもを連れ去った場合には、今までは、「継続性の原則」で、夫が親権者となるケースは難しかったので、画期的な判決ですね。

千葉家裁松戸支部での離婚裁判の概要

・夫婦の別居に伴い、幼い娘を妻が連れ去り
・約5年間、子どもと面会交流をさせてもらえなかった父側が、親権を巡って争っていた離婚裁判
・離婚を認めたうえで、娘の親権者を父親とする判決
・母側には、同居の子どもを引き渡すよう命じた
・父側には、母側と子どもの面会交流の機会を十分に確保することを命じた

子の連れ去り離婚裁判で父親を親権者とする判決(千葉家裁松戸支部)

スポンサーリンク

今回、千葉家裁松戸支部で、子の連れ去り離婚裁判で、夫を親権者とする判決が出たのは、「フレンドリーペアレントルール(寛容性の原則)」を採用したからとのことです。

フレンドリーペアレントルール(寛容性の原則)とは、もう一方の親と子どもとの関係をより友好に保てる親を「親権者」とする考え方。

今までの「継続性の原則」とは違って、より子どもの福祉を重視したものですね。

今回、千葉家裁松戸支部で、子の連れ去り離婚裁判で父を親権者とする判決が出たポイントは、どれだけ子どもの福祉を考え、面会交流を認めたのかという点とのことです。

夫は、妻に、年約100日の面会を認め、約束を破った場合は親権者変更の理由になることなどを提案。

妻は、夫に、月に1回、2時間程度の監視付きの面会しか認めないと主張。

上記の双方の考えから、千葉家裁松戸支部は、妻が、子どもを連れ去って、別居したことや、約5年間にわたり、父親と面会交流をさせなかったことなども考慮し、夫を親権者とした方が、両親に会える機会が増え、子どもの利益になると判断した、とのこと。

今後も、一方の親が、連れ去った子どもの親権は、「継続性の原則」ではなく、子どもの福祉を第一に考えた、「フレンドリーペアレントルール(寛容性の原則)」を採用して、判断することが多くなることを期待します。

⇒ 離婚後の親権問題 千葉家裁松戸支部の寛容性の原則を否定し東京高裁で逆転判決!の記事は、こちら

⇒ 面会交流問題の電話相談(土日・夜間でも可能)、お申込み手順などは、こちら

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top