面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

住宅ローンのある自宅、離婚する時に財産分与はどうするのか?

住宅ローンのある自宅、離婚する時に財産分与はどうするのか?

離婚する時の財産分与の問題、電話相談の事例です。

離婚の話し合いで、住宅ローンの残る自宅の財産分与の考え方に悩んでいます。

今、自宅を売却しても、住宅ローンは完済できない、オーバーローンの状態です。

とのこと。

元銀行融資審査役職者で、1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)を保有する、離婚問題のカウンセラーが、回答します。

⇒ 離婚時の財産分与問題の電話相談、申込み手順は、こちら

住宅ローンのある自宅、離婚する時に財産分与はどうするのか?

スポンサーリンク

住宅ローンのある自宅、離婚する時に財産分与はどうするのか?


結婚後に取得した、自宅であれば、夫婦の共有財産であり、離婚する時の財産分与の対象
になると考えられます。

そして、負の財産である、住宅ローンも、夫婦の共有財産であり、離婚する時の財産分与の対象になると考えられます。

単純に考えれば、自宅を売却して、住宅ローンを返済し、残った借金を折半する、というのが離婚時の財産分与となります。

そして、預貯金など、他に、夫婦の共有財産があれば、差し引くという考えです。

例えば、

自宅を売却して、住宅ローンを返済しても、残りそうな借金の額が、500万円。

夫婦の共有財産である、預金が、300万円。

500万円÷2-300万円÷2=100万円を相手が負担する借金とする、という財産分与です。

しかし、これでは、離婚時の財産分与で、相手は、納得しないでしょうね。

住宅ローンの返済が進んだ金額(元金返済をした金額)を折半して、財産分与をする、のが、現実的かもしれません。

例えば、

住宅ローンは、借りた時から、200万円返済が終わっている(元金返済をした金額)。

夫婦の共有財産である、預金が、300万円。

200万円÷2+300万円÷2=250万円を財産分与として、相手へ払い、払った側は、離婚後も、住宅ローンの残る自宅に住み続け、返済を続けるという方法です。

売却しても、住宅ローンは完済できない、オーバーローン状態の自宅の財産分与は、難しい問題でもあるので、詳しくは、有料の電話相談で、具体的なアドバイスをさせていただきます。

⇒ 離婚時の財産分与問題の電話相談、申込み手順は、こちら

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談ねっとへのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top