面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令!(名古屋地裁の判決)

面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令!(名古屋地裁の判決)

捏造されたDV(家庭内暴力)により、子どもに会えなくなったとか、離婚を強要された、慰謝料請求をされた、という相談事例は、枚挙に暇がありません。

面会交流問題・離婚問題カウンセラーである、私も、自身の離婚裁判では、虚偽のDV(家庭内暴力)を主張されました。

現在のDV防止法、DV被害者への支援制度では、一方の話だけで、虚偽のDVでも、認められてしまうことがあるので、悪用する人がいるのは、確かですね。

捏造されたDVでも、いったん、認められてしまうと、それを覆すのは、並大抵のことでは、難しいものです。

痴漢冤罪のように、現在では、虚偽DVの問題も、ようやく、社会問題化してきました。

そのなかで、先ごろ、名古屋地裁の判決で、面会交流を阻害する、虚偽DVは違法として賠償命令が出たそうです。

スポンサーリンク


産経新聞の報道によると、

子供を連れて別居中の妻が捏造(ねつぞう)した家庭内暴力(DV)の話を警察官がうのみにした結果、不当にDV加害者と認定され、子供と会えなくなったとして、愛知県に住む40代の夫が、40代の妻と県に慰謝料など計330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、名古屋地裁(福田千恵子裁判長、鈴木尚久裁判官代読)が夫側の主張を認め、妻と県に計55万円の賠償を命じていたことが7日、分かった。
判決は4月25日付。社会問題化している“虚偽DV”をめぐり、相手親と行政側の賠償責任を認定した判決は極めて異例とみられる。

とのことです。

さらに、名古屋地裁での面会交流を阻害する、虚偽DVは違法とした賠償命令では、

福田裁判長は「妻側の主張するDVは診断書などがなく、誇張された可能性がある。妻は子供と夫の交流を絶つ意図で支援を申請したと認められ、制度の目的外使用だ」と認定した。

県警の対応についても「虚偽DVが社会問題化している以上、制度の目的外使用の可能性も念頭に、妻の説明の不審点や疑問点を確認する義務があった」と指摘。「現在もDVの危険があるかどうかは客観的な時系列や事実関係から判断できる。しかし今回、県警は事実確認を一切行わなかった」と過失を認定した。

とのことです。

つまり、DVが捏造された、虚偽のものなのか?という判断ポイントは、

・DVを主張する側が、誇張していないか?
・DVを主張する側、反論する側に、不審点や疑問点はないか?
・客観的な時系列や事実関係が、DVを主張する側、反論する側にあるのか?

であると、考えられます。

面会交流を阻害する、虚偽のDV(家庭内暴力)を主張されたケースでは、怒りは、もっともな感情ですが、冷静になり、上記ポイントを頭に入れて、泣き寝入りすることなく、反論したり、適切な手段を用いてください。

一方で、本当のDV(家庭内暴力)なのに、警察が相手にしてくれない、という人もいます。

また、相手から、本当のDVを受けているのに、相手から、虚偽のDVだ!と反論され、悩んでいる人もいます。

そういう方々も、上記ポイントを参考に、冷静に、しっかりと対処してください。

⇒ 面会交流問題や離婚問題の悩み 後払い電話相談サービスの詳細やお申し込みは、こちらから

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談ねっとへのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top