面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

面会交流調停とは?どのような場合に申立てられるのでしょうか?

面会交流調停とは?どのような場合に申立てられるのでしょうか?

面会交流とは、離婚後に養育・監護していない親(非親権者)が、子どもと会う、面会などを行うことです。

未だ、離婚が成立していない、いわゆる別居中でも、子どもと暮らしていない親が、子どもと会う、面会交流を行うことは、可能です。

しかし、面会交流が可能であると言っても、

・子どもの健全な成長を助けるようなものである必要がある

・子どものことを第一に考え、子どもの福祉に反しない必要がある

ので、無条件・無制限に面会交流が認められるわけでは、ありません。

したがって、子どもに会う、面会交流の具体的な内容や方法など、面会交流の条件について、取り決めた方が良いのです。

面会交流の悩み相談へのアドバイス、カウンセリング

スポンサーリンク


面会交流をする前に、子どもの両親間で、話し合いをすることになりますが。。。

■ 面会交流の内容や方法など、話し合いがまとまらない

ケースがあります。

また、

■ 面会交流をする、子どもに会うことを相手から拒絶されている

■ 子どもが会いたがっているので、相手に面会交流をして欲しい

とか、面会交流そのものの実施を求めるケースもあります。

さらに、

■ 面会交流をしているが、制限を加えたい

■ 子どもに会う機会を増やしたいなど、面会交流の条件の変更

など、面会交流を行っている場合でも、子どもの両親間で、話し合いがまとまらないケースもあります。

これらの場合には、面会交流調停を申立てて、話し合いをすることになります。

面会交流調停とは、子の監護に関する処分(面会交流)調停事件と言います。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top