面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

面会交流の制限が、面会交流調停で認められる理由とは?

面会交流の制限が、面会交流調停で認められる理由とは?

別居中や離婚後に、子どもに会うこと、面会交流について、親同士で話し合いがつかない場合は、面会交流調停で話し合いをすることが可能です。

面会交流調停は、

・子どもに会いたい側、面会交流を求める側

・子どもに会わせたくない側、面会交流の制限を求める側

どちらからでも、申立てることができますが、面会交流の意義などを双方が理解して、面会交流調停へ臨むことが大切です。

今回は、面会交流の制限が、面会交流調停で認められる理由について、面会交流調停と審判を経験して、面会交流問題へアドバイスをする、カウンセラーが、解説します。

⇒ 面会交流調停でも、面会交流を制限する理由にならないものとは?は、こちら
面会交流を拒否、制限できる理由とは?

スポンサーリンク

子どもが会うことを嫌がっているという、面会交流を拒否する理由


面会交流を拒否する理由で、最も多い
と思われるのが、

・子どもが会うことを嫌がっている

というものです。

子どもが会うことを嫌がっているという気持ちが、真意であれば、面会交流調停でも制限される可能性があります。

但し、同居親への気遣い・遠慮から、子どもが会いたくないと言ってるケースも多いので、慎重に判断する必要があります。

子どもへの虐待行為があったから、面会交流を制限する


子どもへ虐待行為をしていた相手側への面会交流は、制限されるべき
であると考えます。

しかし、相手側が、どのくらい反省し、その後の言動などにより、全面的に面会交流が制限される場合と一部の制限にとどめるケースがあるようです。

子どもに会う側が、面会交流の取り決めや約束を守らない場合


子どもに会う側が、面会交流の取り決めや約束を守らないために、面会交流調停となるケースもあります。

子どもの福祉のために、面会交流を認めたいのに、取り決めや約束が守られなければ、安心して、面会交流をすることはできませんね。

子どもに会う側が、面会交流の取り決めや約束を守らないケースでは、全面的に面会交流を制限するのではなく、一部(面会交流の頻度・回数、方法など)が制限されるものと考えます。

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top