面会交流や離婚の悩み相談、カウンセリングなら!良い離婚相談ねっと

面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラーが、あなたの悩みを解決します。

電話・Skype・LINEでの相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング


※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

子の連れ去り問題:ハーグ条約で母親に返還命令(大阪家裁)

子の連れ去り問題

ハーグ条約で母親に返還命令(大阪家裁)と、国内で初判断が出ました。
子の連れ去り問題へアドバイス

スポンサーリンク

ハーグ条約とは?


ハーグ条約とは、片方の親が16歳未満の子を加盟国から別の加盟国に連れ去った場合、原則として子を元の国に返還しその国で子の養育環境を決めるルールを定めたもの。

残された親が子との面会を求める「面会交流援助」の手続きもあります。

日本が、ハーグ条約に加盟し発効したのは、2014年4月1日からです。

今回、子の返還を求めた国内の審判で、大阪家庭裁判所が、母親に海外で暮らす父親の元へ子どもを返すように命じたことは、国内では初めて。。。

子の連れ去り問題で、子の返還が認められたポイントは?


大阪家裁が、子の連れ去り問題で、子の返還を認めたポイント

・子どもが、学校に通っていたことなどから、暮らしていた海外に生活拠点があったと認定

・暮らしていた海外に戻っても、子の成育に重大な悪影響はない

・母親に子の引き渡しを拒否する正当な理由はない

というものだそうです。

国内でも、子の連れ去り問題は多く、単独親権の弊害から、「子どもを連れ去った方が勝ち」という「子どものことを考えない行動」が散見されます。

今回の大阪家裁の判断が、国内での子の連れ去り問題へも良い影響となることを願います。

(関連記事)
離婚の話し合い中に、子どもを連れ去られました!

面会交流や離婚の不安を解決!
良い離婚相談へのお問合わせは、こちら

スマホ用(タップで電話問い合わせ)090-3216-1068
hHIBAS9btVM1QiM1411136880_1411137421

コメントは、こちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


面会交流や離婚の悩み相談、不安を解決するメニュー

離婚調停・裁判、面会交流調停・審判を経験したカウンセラー
あなたの悩みを解決します。

電話での相談
面会交流や離婚の悩み、電話相談、カウンセリング

メールでの相談
面会交流や離婚の悩み、メール相談、カウンセリング

面談での相談
面会交流や離婚の悩み、面談相談、カウンセリング

※良い離婚相談ねっとは、年中無休で、ご相談の受付をしております。
※深夜や休日、お急ぎのご相談も、承っております。

Return Top